保証人となる人物

破産宣告を検討する人であなたの借り入れにあたってその保証人となる人がいるときには、事前に相談しておくべきでしょう。

 

ふたたび、改めてお勧めしますが保証人となる人物がいるときは破産宣告前によくよく検討しなければなりません。

 

つまりはみなさんが破産宣告をしてOKが出ると、保証人がそれらの借金をみな背負う必要があるからです。

 

ということから、破産手続きをする前に保証人となる人にこれまでの内容とか現状について報告し謝罪の一つも述べなくてはいけないでしょう。

 

保証人になるひとからすると求められることです。

 

債務者のあなたが破産申告することで、高額の支払い義務が回ってくるのです。

 

そうすると、その後の保証する立場の人の考慮する手段は以下の4つになります。

 

まず1つめですが、保証人となる人が「いっさいを支払う」ことです。

 

保証人自身がいきなり負債を問題なく弁済できるほどのようなお金を用意していれば、これができるでしょう。

 

そういう場合はむしろ、あなたが破産の手続きをせずに保証人である人に立て替えてもらって自分はあなたの保証人に毎月返済していくという手順も取れるのではないかと思います。

 

その保証人が良いパートナーであるのなら少しだけ完済期間を繰り延べてもらうこともありえます。

 

まとめて返済が不可能な場合でも貸方も相談により分割に応じてくれます。

 

あなたの保証人に債務整理を行われてしまうと、まったく弁済されないリスクがあるからです。

 

保証してくれる人があなたのお金を全部背負う財力がなければお金を借りたあなたと同じく何らかの方法による債務の整理を選ばなければなりません。

 

続いては「任意整理」による処理です。

 

この方法の場合相手方と示談する方法で、だいたい5年ほどの期間内で弁済する方法です。

 

実際に弁護士事務所にお願いするにあたってのかかる費用は1社ごとにおよそ4万円。

 

全部で7社からの債務があれば28万必要です。

 

相手方との話し合いを自ら行うことも不可能ではないかもしれませんが、法律の知識のない方の場合相手が自分たちに有利な条件を用意してくるので、気を付ける必要があります。

 

それに、任意整理を選択するとしたとしてもその保証人に借金を立て替えてもらうことになるのですからあなた自身は長くかかるとしても保証人に返済を続けていく義務があるでしょう。

 

3つめですが保証人となっている人もあなたといっしょに「自己破産をする」ということです。

 

保証人となっている人も返せなくなった人と同様に破産宣告すれば保証人となる人の借金も消滅します。

 

ただその場合は、保証人がもし戸建て住宅などを登記しているならば該当する個人財産を失ってしまいますし資格制限がある職業についている場合は影響が出てしまいます。

 

個人再生を利用できます。

 

最後の方法の4つめの方法としては、「個人再生を利用する」ことができます。

 

住宅等の不動産を残して借金の整理をしていく場合や、破産申し立てでは資格に影響する職についている場合に検討していただきたいのが個人再生です。

 

この方法なら、自分の住宅は処分が求められませんし破産宣告の場合のような資格に影響を与える制限が何もかかりません。

 


次の記事も読んでね!!

  1. 保証人となる人物
  2. テスト